286円 ゼラチンパウダー ゼラチンパウダー(75g) スイーツ・お菓子 製菓・製パン材料 ゼラチン 286円 ゼラチンパウダー ゼラチンパウダー(75g) スイーツ・お菓子 製菓・製パン材料 ゼラチン ゼラチンパウダー,www.windycitytelecom.com,286円,スイーツ・お菓子 , 製菓・製パン材料 , ゼラチン,/pseudosiphuncal1859873.html,ゼラチンパウダー(75g) ゼラチンパウダー,www.windycitytelecom.com,286円,スイーツ・お菓子 , 製菓・製パン材料 , ゼラチン,/pseudosiphuncal1859873.html,ゼラチンパウダー(75g) ゼラチンパウダー 75g 迅速な対応で商品をお届け致します ゼラチンパウダー 75g 迅速な対応で商品をお届け致します

ゼラチンパウダー 最新号掲載アイテム 75g 迅速な対応で商品をお届け致します

ゼラチンパウダー ゼラチンパウダー(75g)

286円

ゼラチンパウダー ゼラチンパウダー(75g)



お店TOP>フード>製菓材料>お菓子用凝固剤>ゼラチン>ゼラチンパウダー (75g)

【ゼラチンパウダーの商品詳細】
●スープなどのお料理に、ゼリー・ムース等のデザートに。
●コーヒーやお茶などに入れて手軽にお召し上がれます。
●膨潤(ふやかす)する必要がありません。
●ままこ(粉末のだま)にならずに使用することができます。
●温湯等に直接加え、溶解することができます。
●高い保水性を持ちます。

【調理方法】
(1)70~80度に温めた液体(牛乳・コーヒー・スープ等)160mLにゼラチンパウダー4g(添付スプーン約5杯)を加えてよくかき混ぜ溶かします。
(2)あら熱をとったあと、型に流し、冷蔵庫で冷やしてできあがり。
<その他>
・熱いコーヒーやお茶(150mL~200mL)などにゼラチンパウダーを2g(添付スプーン約2杯半)をふり入れてよくかき混ぜてください。
・ヨーグルトに少量入れて、よくかき混ぜてお召し上がり下さい。
※固め、またはやわらかめのゼリーをお好みの場合はゼラチンの量を調整してください。
※ゼラチンを溶かす温度が低かったり、また沸騰させたりすると固まりにくくなることがあります。
※パイナップルやキウイ等はたんぱく分解酵素を含むため、果実を生で加えるとゼリーが固まりにくくなることがあります。果実を一度煮るか缶詰をご利用ください。

【ゼラチンパウダーの原材料】
ゼラチン(豚由来)
【栄養成分/75g当たり】
エネルギー・・・258kcaL
たんぱく質・・・65.7g
脂質・・・0.2g
炭水化物・・・0g
ナトリウム・・・195mg
コラーゲン・・・66.000mg(1袋)

【注意】
・火を使いますのでやけどにご注意ください。
・開封後は吸湿等を防ぐため、必ず密封して冷暗所に保存してください。
・直射日光、高温多湿を避け、涼しいところに保存してください。

【原産国】
日本

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
朝日

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

朝日
216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎 5-14-4
0120-341-364

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[調味料]

ゼラチンパウダー ゼラチンパウダー(75g)

2021年09月13日現在 求人掲載数757

編集部イチオシ求人

ピックアップ求人

パティシエントは
洋菓子、パン業界で働くすべての人の
働く学ぶを応援するサイトです。

パティシエ、販売スタッフ、パン職人のための求人情報の提供と、ニュースメディアとしての情報発信を行っています。
パティシエの仕事は子供の「なりたい職業」の上位に位置する人気の仕事ですが、一般的なイメージとは違い、実際のパティシエの仕事は重労働です。離職率も高く多くの店舗が人材採用、人材募集に悩んでいます。 しかもパティシエの求人情報は他の求人サイト等に載っている件数も少なく、掲載されている情報も十分とは言えないためお店の内情が伝わりにくく、就職前のイメージとのギャップによるミスマッチも起こりやすくなっているのが現状です。 そのためパティシエントでは洋菓子・パン業界に特化した求人サイトとして、より現場の雰囲気が伝わる情報を掲載しています。実際の労働時間、休日の数、スタッフの雰囲気など、洋菓子業界に特化しているから集められる豊富な情報量で、より良い就職先・転職先との出会いをサポートします。

またインターネット上にはパティシエに向けた有益な情報が少なく、「もっと学びたい」「もっとスキルアップしたい」と思ったときに学べる場所がほとんどありません。
そこでパティシエントではパティシエのための求人・転職情報だけでなく、読み物コンテンツも豊富に掲載しています。
多くの人がパティシエとして働きたいと思ったきっかけは「ケーキが好きだから」「自分がつくったケーキを食べて喜んでもらえたことが嬉しかったから」などではないでしょうか。

パティシエントの求人情報に掲載されているオーナーの想いや読み物コンテンツなどで様々な価値観に触れることでパティシエとして働こうと思ったきっかけを思いだして、より活き活きと働いてもらいたいと考えています。
近年人材不足が目立つ洋菓子業界ですが、多くの店舗のオーナーが「パティシエとして長く働いてもらいたい」と考え、求人募集の条件を工夫したり、そのための制度を整えはじめています。ただ自分が働く店舗を探すときには好条件だからと決めるのではなく、その店の考え方や、将来の自分の目標にとって良い経験を積むことができるかどうかなど、しっかり考えて選んでください。